DM発送にも便利です|ニーズに合わせたノベルティが重要|夏に必要なアイテムを探る
女性

ニーズに合わせたノベルティが重要|夏に必要なアイテムを探る

DM発送にも便利です

封筒

厚みとコスト

透明封筒を利用する事で郵送物を開けずに中身を確認出来るというメリットがあります。ダイレクトメールを発送した時など、受け取った人はどのような郵便物なのか開けないと解りません。また、ダイレクトメールだと解ると中身を確認せずにそのままゴミ箱行きというケースもあります。しかし、透明封筒に広告物を入れておく事で、興味を持って貰える可能性が高くなる事から、ダイレクトメールに透明封筒を利用する会社も多くなっています。尚、透明封筒には厚みの違いというものがあります。厚みがある事で耐久性に優れたものと言えるわけですが、厚みがある事でコストも多くかかる事になります。そのため、透明封筒の印刷を考える時には厚みによる値段の比較をしておく事も大切です。

標準的な厚み

透明封筒印刷に最適とされる厚さは30ミクロンと言われています。この厚を基準にして印刷を行えば、コストを抑える事が出来るだけではなく、耐久性についても良いものを作る事が出来ると言います。カタログやパンフレット、チラシなどの印刷物を透明の封筒に入れて送付すれば、受け取った人は中を開けずに、どのような印刷物が入っているのかが解るという魅力が透明封筒にはあります。しかし、封筒を開ける時に静電気などにより破いたビニールが手にまとわりつくという事もあり、不快に感じて知った経験を持つ人も多いのではないでしょうか。最近は帯電防止加工を施してあるフィルムを利用しているケースが多くなっており、従来と比較すると手にまとわりつくという事が少なくなっています。